仕事内容

生コンの製造・検査

IMG_0019
IMG_0019
IMG_0019
IMG_0019
IMG_0019

各材料を計量し、ミキサーに入れ練り混ぜます。
セメント+骨材(砂、砂利)+水+混和剤=生コンクリート
《検査》
練り上がった生コンは品質検査の後、ミキサー車に積み込まれます
練り上がった生コンは、アジテーター車(ミキサー車)に積み込まれた後に、品質検査します。
生コンは、ビルや住宅等、様々な建造物の材料として使用されるので、その品質管理は非常に重要です。コンクリートの品質は、「強度」 「スランプ」「空気量」「塩化物含有量」の数値を測ることで管理して います。

【①強度】
コンクリートの強さのことで、試験用に成型された供試体に上下から圧力をかけて、ひび割れが入るまでの力を測定して調べます。 (成型後、材齢28日時点で検査)

【②スランプ】
「スランプ」とは生コンの軟らかさの数値で、「スランプコーン」に生コンを詰めて、コーンを引き上げた時の生コンの下がり具合で測定します。
生コンは、用途により軟らかさが異なります。この軟らかさの度合いを測る一つの方法がスランプ試験です。「スランプ」とは、スポーツ等で調子が悪い時によく用いられるように、“下がる”という意味です。生コンのスランプは、上の内径が10㎝、下の内径が20㎝、高さが30㎝の鋼製中空のコーンに詰めたコンクリートが、コーンを引き抜いた後に最初の高さからどの位下がる(スランプする)かを示すものであり、スランプが大きいコンクリートは軟らかいコンクリートということになります。
【③空気量】
「空気量」は、生コンに含まれる空気(気泡)量のことで、混ぜ合わせる時に自然に入るものと、混和剤によって調整された微小なものがあります。この微小な気泡が、ボールベアリングの作用をして、コンクリートをワ―カブルにし、作業性が良好になります。また、この微小な気泡は、低温下でのコンクリートの凍結融解に対する抵抗性が増大するためコンクリートの劣化を防ぎます。
【④塩化物含有量】
「塩化物含有量」は、生コンに含まれる塩分量の事を指します。 たとえば、骨材に使用する砂に海砂を使うと塩分が強く、コンクリート中の鉄筋が錆びる恐れがあります。 生コンに含まれる塩分量は規定値以下に定められています。

生コンの運搬

株式会社関谷

生コンの製造過程から実際の現場まで迅速かつ安全な運搬を心がけています。
山口市の工場を拠点として運搬時間90分間のエリアを運搬可能エリアとしています。